PAGE TOP

空腹の美容師は意味もなく叫んでいた

テレビのアンケート等で、「職人」のことを尋ねられたら、アナタはなんと言う?「少年」は、人それぞれで考え方が違うかもね。
TOPPAGE

騒がしく歌う友達と電子レンジ

海がとても近くで、サーフィンのメッカとしてもとっても知られている場所の近所に住んでいます。
そうだから、サーフィンをしたことがある人はとっても多く、仕事の前に朝ちょこっとでも波乗りに行くという人もいます。
そのように、波乗りをしている方々が多数いるので、誘われることがめっちゃ多かったのですが、必ず断っていました。
それは、私が、運動神経がにぶく、泳げないからだ。
だけれども、泳げなくてもサーフィンはできると言われ、波乗りしてみたけれど行った場所は熟練者が行く場所で、テトラポッドが近くに広がっていて、波乗りのスペースがごく狭い場所でした。
泳げない私は、パドリングをする筋力も少なくて、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

ゆったりと跳ねる彼とアスファルトの匂い
辺ぴなところに住んでいると、ネットショップでものが簡単に購入できるようになったのが、とても簡単だ。
その理由は、まともな本屋が市内に一軒だけしかなく、本の品ぞろえも悪いから、購入したい雑誌も買えないからだ。
本屋で取り寄せるよりはネットショップで買う方が簡単だ。
だって、本屋に行くだけで原チャで30分かかるからすごくめんどうだ。
ネットショップに手慣れたら、他のものもインターネットで買うようになった。
なんでもインターネットで買うようになった。
電化製品は、ネットのほうが絶対に安価で、型番商品は絶対にネットショップ買いだ。
けれど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

涼しい水曜の夕暮れは座ったままで

仕事で話すようになった女性がいる。
少し変わった人で、彼女の話はどれも面白かった。
おまけに彼女は資格マニアだということ。
ベビーシッターの免許、スキューバーの資格、インテリアコーディネイター。
トイック800点、漢字検定準1級、そして、元CAさん。
公認会計士も取得していると聞いたような。
さすがにこれを幼馴染に話してみたところ、君の勘違いじゃないかと思う、など言われたけれど。
彼女は、父親と同い年の部長と職場結婚で寿退社していった。

夢中で吠える彼女と電子レンジ
ある晴れの日の夕方、少年はお母さんからおつかいを言付かって、はくさいとネギとぶた肉を買いにいくところであった。
少年はひそかに嬉しかった。
今夜はお鍋だ!いやっほぅ!…と。
しかし、彼への試練はその後すぐ起きたのである。
なんと、ズボンのポッケにしまっておいたおつかい用の2千円が、無くなっているのだ!
少年はスーパーの支払い所に並ぼうとする時、まさかとは思っていたがズボンのポッケに手を突っ込んで確認してみたのだ。
そして、その時お金が無い事に気付いたのである。
怒られるのを覚悟して、少年は手ぶらで家へ向かうことにした。
次から、お金はクツかくつ下に入れとこう。
少年は奥歯をかみ締めながら、そう決意した。

怒ってお喋りする兄さんと花粉症

人によって、嗜好や好みがあると思うが、どんな感じか聞くのが大好き。
仲のいい子に質問してみたところ、まとまったお金、スベスベのランジェリー母の事が好きとの事。
さらに、男の人の血管の浮いた腕。
それにスペイン語の巻き舌。
自分にはわからない。
屋台のリンゴ飴、肌に直接厚手のニット、香水、ハイトーンヴォイスな男性が好きだと、言ってみた。
もちろん理解できないと言われた。
まさにこれが、フェチという言葉がぴったりだという。

涼しい祝日の午後は昔を懐かしむ
娘の3歳の誕生日が近くて、誕生日プレゼントを何にするかを迷っている。
妻と話し合って、体を使って遊ぶアスレチック系かためになるおもちゃか洋服や靴などにするかを決めようとしている。
考えてばかりでなかなか決められないので、実物を見に行って選ぶことにしたけど、がつんとくるものがない。
だけれど、子供に見せてみたら、簡単に決まった。
すべり台に一生懸命だったので、これに決めた。
ただ、今のアパートが小さいので、小さくて折りたたみ可能なものにした。
価格が、なかなか安かったので、よかった。

目を閉じて泳ぐ兄弟とぬるいビール

今日この頃、おなかの脂肪を減らさないとと考え筋トレをしている。
娘を自らの足元にのせて回数を数えながら筋トレをしたら、家族とのコミュニケーションにもなって、しゃべりだしの子供も数字を覚えるし、自らの脂肪も減るし、一挙両得だと考えていたら、最初は、きゃっきゃ言っていた子供も飽きてしまった。

息もつかさず自転車をこぐ先生と擦り切れたミサンガ
暑い季節らしいことを特別やっていないが、仲のいい人と日曜日、コテージをレンタルして炭を使ってバーベキューをやる。
いつもの定番だけれど、日常から離れ、息抜きになる。
男が少ないので、めちゃめちゃたくさんなんやかんや準備をしないとな。
特に、バーベキューの準備が、女の人は苦手な人がたくさんなので、活躍しないと。
だが必ず皆でアルコールをがぶがぶ飲むその時は、焼酎をほどほどにするように気をつけよう。

凍えそうな火曜の午後は散歩を

季節の中で、雨の多い梅雨の時期が好きだ。
部屋の中はじめじめするし、外に出れば濡れてしまうけれど。
理由として、幼いころに、この時期に見られるアジサイが美しく、その頃からあじさいが咲くのを楽しみにしている。
九州長崎で知り合った、シーボルトと瀧のあじさい逢瀬を知っているだろうか。
オランダ人に紛れ込んで日本へやってきた、ドイツ人のシーボルトが、紫陽花を見ながら「お瀧さんのように綺麗な花だ」と言う。
この時期にひっそりと咲く紫陽花を目にして何回も、お瀧さん、お瀧さんと口走った。
しだいに訛ってしまい紫陽花はおた草と別の名を呼ばれるようにもなったらしい。

雪の降る休日の早朝は熱燗を
少年は夜中の3時に目が覚めてしまった。
夏休みが始まって1週間くらい経った夏のことだった。
暑さのあまり目が覚めてしまったのだ。
扇風機はぬるい風しか送ってこず、まったくもって涼しくない。

眠れないし、お腹も減ったので、少年は大好物のカレーを作ろうと思った。
冷蔵庫を開け、肉と野菜のしたくを整え、調理を始めた。
夜が明けるころには、少年の家からは、とても美味しそうなカレーのいい香りが広がっていた。

Copyright (C) 2015 空腹の美容師は意味もなく叫んでいた All Rights Reserved.