PAGE TOP

空腹の美容師は意味もなく叫んでいた

「格闘家」を好きな人もいれば、嫌いな人もいるはず。なんの感情もない人も。あなたにとっての「水」はどうだろう?
TOPPAGE

薄暗い金曜の夕方はシャワーを

とある変わった業務が舞い込んできたとき「まあ、なんとかなる」と考えていた昔。
当時の私たち新人みんなが「過ぎてしまったら大したことないよ」とのんびり取り組んでいた。
すると指導専門の社員さんが口を切ったセリフが記憶に残っている。
「目標に向かって、充分に準備を進めたからこそ、終わってから成功しただけの話。
なので、みんなのように楽観的にとらえていて、運よく仕事が簡単だったという意味は含まれていません。
過ぎれば単純だったといった本当の意味は、それとは逆です。
以前からじゅうぶん勉強し準備を進めたからこそ能力が業務内容を越えて、内容が円滑に進んだと言っています。
しっかり仕事をする気になりましたか?
甘く見ないで真剣に取り組んでください。」
との事。
そして、新入社員一同それに向けて全力をそそぎじゅうぶん収めきることができた。

雲が多い水曜の深夜は座ったままで
どんなことでもいいので一個の趣味を、長期で続けている根気のある人に憧れる。
野球でも、ピアノでも、とても小さな分野でも
季節ごとに一度、学生時代からの仲間と、いつものホテルに連泊する!という習慣なども良いんじゃないかなと思う。
習慣的に一個の事を行うといつかは実用までたどり着くことができる。
あれは、3歳の時、ピアノと油絵を学習していたが、もっと頑張ればよかったな。
そんな風に考えるのは、空き部屋ののはしっこににおかあさんに貰ったピアノが置いてあるから。
今の自分は全然分からないピアノだが、いつかもう一回学びたいと目標を立てている。

ノリノリで泳ぐ友人と冷たい肉まん

絵画や写真など芸術観賞が結構好きだし、絵も描けるのに、写真が恐ろしく苦手だ。
それでも、昔、一人前に、ライカの一眼を大切にしていた時もあり、どこに行くにも持ち歩いたりした。
面白いほど焦点が合わないし、変な配置なので、カメラが怒っているようだった。
そう思ったけれど、レンズや画像処理はやっぱり最高にカッコイイと思っている!

曇っている日曜の夕方は窓から
職場で着るジャケットを選びに行った。
コムサでモードとかフォーマルなところもいいな〜と悩んだけれどギャル系のお店もありだと思う。
若々しくて活発な女物の服屋でピタッとした服が多いのが特徴。
値段は店舗によっての差が表れるが、なんとなく安め。
そこで、スーツを探していたが、細身の物が多く置かれていた。
着てみると、なんとなくあか抜けているように見える気もする。
なかなか素敵な服選びができて、めちゃくちゃハッピーだった。

自信を持って走るあの人と草原

ここまでネットが必需品になるとは、当時子供だった私はよくわからなかった。
物を売る店舗はこれから先難しいのではないかと思う。
ネットを使って、どこよりも価格の低い物見つけ出すことが不可能ではないから。
争いが進んだところで最近よく目につくようになったのが起業セミナーや商材販売だ。
今は、手段が売れるようになっていて、何が何だかピンとこない。
方法が目的になってしてしまいそうだ。

雲が多い祝日の午後は熱燗を
実行させたら、完結させるのに時間がかかるものは、世間にはたくさんある。
やはり、外国の言葉だと思っている。
と言いつつ、韓国語は例外で、私たちが話す日本語と同じく、SVOで、なんと日本語にない音が少ないので、習得しやすいそうだ。
3年くらい韓国語を勉強した友人の明日香は、英語より確実に身に付きやすいのでやりがいがあるよ、とのこと。
ほんの少し憧れたけれど丸や縦線を組み合わせたような韓国語の文字はお絵かきにしか思えない。

雪の降る祝日の朝に椅子に座る

営業用で何枚かスーツに似合うワイシャツを購入しているけれど、絶対購入するときに多く着てみる。
それだけ、シャツにこだわってしまうのも変わっているかと思い込んでいた。
しかし、先日、ワイシャツは特注でと、こだわっていた方がいたので、驚いた。
けれど、シャツ一枚でカッコよく見えるし、悪くないかも、と考えた。

寒い木曜の昼は昔を懐かしむ
友達の知佳子の彼氏のSさんが経営する会社で、定期的に紀州産の梅を使用した梅干しをお願いしている。
お酒が入ると電話をくれるSさんが可愛がっている後輩でアルEくんという男性は、ほとんど話がかみ合わない。
素面のときのE君、わりとあがり症らしくあまりいっぱい話してくれない。
だから、私自身、Eくんとはまともにコミュニケーションをとったことがない。

暑い月曜の深夜にひっそりと

今日は少年は、小学校の給食係だった。
マスクと帽子を着け、白衣を着て、他の給食係達と、本日の給食を給食室へ取りに行った。
今日の主食は、お米ではなくパンだった。
バケツみたいに大きな蓋付きの鍋に入ったシチューなんかも。
少年は、一番重い瓶入り牛乳だけは、男が運ぶべきだろう、と思っていた。
クラス皆の分だから38本ある。
だから自分が、バットに入った38本の牛乳を持ったのだけど、同じ給食係のフーコちゃんが一緒に持って運んでくれた。
重たい牛乳を女の子には持たせたくなかったけれど、クラスでちょっと気になるフーコちゃんと一緒に教室まで歩ける、と思った少年は、ちょっとドギマギしながら、何も言わずに2人一緒に牛乳を運んでいくことにした。

息絶え絶えで体操する兄弟と月夜
日本には、多くのお祭りが存在するみたいだ。
生で見たことはないが、大変よく知っている祭りは、秩父夜祭りがある。
豪華な彫刻をした、笠鉾が2基と屋台が4基。
お祭り会館を観光した際に、画像や実際の大きさの物を見せてもらった。
冬に行われるので、冬祭りという別名でも呼ぶようだ。
参加して見てみたい祭りの一つでもある。
秩父夜祭とは逆に、夏に開催されているのは、福岡県のほうじょうえが有名で、すべての生き物の生命を奪う事を制限する祭り。
江戸の頃は、このお祭りの開かれてる間は、釣りもしてはいけなかったという。
伝統的な祭りも大事だが、私はリンゴ飴の屋台も同様に好きなのだ。

Copyright (C) 2015 空腹の美容師は意味もなく叫んでいた All Rights Reserved.