PAGE TOP

空腹の美容師は意味もなく叫んでいた

みんなで「フライドポテト」のことを考えてみよう。さほど難しい問題ではないと思うんだよ、「格闘家」の特色って。
TOPPAGE

ぽかぽかした祝日の深夜はお酒を

笑顔って綺麗だなーと思うので、何があっても笑顔で過ごせるように気を付けている。
もちろん、時と状況と見て。
しかし、周囲に押し付けてはダメだ。
要は、一概には言えないけれど個人的な価値観として。
先程までシリアスな顔で真剣に仕事していた人が、笑ったその瞬間。
すごーく大好き。
目じりにしわができる人がタイプ!と話していた学生時代の友人。
その気持ちも分かるかもしれない。

前のめりで熱弁する彼と電子レンジ
ネットでニュースをいつも眺めるけれど、新聞を見ることも好きだった。
現在は、0円で閲覧できるネットニュースが色々あるから、新聞はもったいなくて購入しなくなってしまった。
けれど、読み慣れていたから、新聞のほうが少しの時間で大量の情報を手に入れることができていたけれど、インターネットニュースのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、深いところまで調べやすいことはある。
一般的な情報から関連した深いところまで見つけていきやすいけれど、受けなさそうな情報も新聞は小さくても記載しているので目につくけれど、インターネットニュースだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
近頃では、アメリカのデフォルトになるという話がとても気になる。
デフォルトになるわけないと普通思うけれど、もしそうなったら、どの国も必ず影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

息絶え絶えで体操する妹とわたし

ビールなど、酒のおつまみには、絶対体に良い食材を!と思っている。
ここ最近の酒の友はキュウリ。
もっと前はマグロ。
そして、近頃は、鰻だけれど、高いのであきらめた。
今日、新たなおつまみを考案した。
買い物に行けば90円くらいのエリンギ。
好きな大きさに切って、マーガリンで炒めて、味の素と塩コショウを少々ふりかけて味を調えたもの。
じゅうぶん料金は低め、KCALも低い気がしませんか。

目を閉じてお喋りする姉妹と霧
自分自身、肌が弱く、化粧は全く出来ないし、ケアも使用できない物が多い。
従って、果物やサプリメントのパワーに頼ってしまうのだが、最近口にしているのが粉ゼラチンだ。
緑茶に混ぜて、しばらく飲んでいるけれど、多少肌がつややかになった。
それに、飲み始めてから実感するまで即効性があったので、感動した。

陽の見えない平日の夜明けはカクテルを

友人が、アパートのベランダで、ミニトマトを作っている。
実がなったらサラダを作る予定だという。
実際、まめに水も肥料も与えないし、ベランダで煙草を吸うので、トマトの生活環境は全然良くない。
丸3日、水分をあげてないという時の、その姿は、葉っぱがだらりとしていて、どことなくしゅんとしているシルエットに激似だ。
可哀想になったので、水と肥料をたっぷりあげると、次の早朝のミニトマトは元気に復活していた。

天気の良い土曜の午前に外へ
そんなに、ドラマは見ないけれど、ここ最近、それでも、生きていくを視聴している。
犯人側の親兄弟と被害者の親兄弟が出会ってといった話の流れで、通常はありえない流れだと思う。
殺された小さな子の親兄弟と加害者側の家族のどちらの家族も悲しみに包まれているストーリーがえがかれている。
話の内容はめちゃめちゃ暗いと思うけれど、しかし、映像の色づかいはきれいな雰囲気にされている。
花や自然の映像が非常に多くて、牧歌的というのかきれいな映像がとても多用されている。
このあと、ストーリーがどうなっていくのか想像がつかないけれど、少しでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

前のめりで体操する母さんと夕立

南九州に住んでみて、墓所に日ごとに、弔花をあげている方がわんさかいるということにたまげた。
老齢の方は、いつも毎日、霊前に献花をあげていないと、近隣の人の目が気にかかるらしい。
連日、お花をしているから、家計の中の花代もめちゃめちゃ大変らしい。
日々、周辺の50〜60代の女性は墓前に集まって生花をあげながら、会話もしていて、霊前の陰気くさい空気はなく、さながら、人が集う広場のようにはなやかな雰囲気だ。

陽気に熱弁する友人と紅葉の山
都内で江戸の頃より賑わっている下町が、台東区浅草。
特に参拝客の多い寺が浅草の観音様。
まさに最近、浅草寺詣でに行ってきた。
久々に行く台東区の浅草。
改めて、自分自身の目できちんと確認し分かったことが、海外からの観光客が多い事実。
色々な国よりツアー客が来る浅草だけど、昔よりどう見ても増えている。
おそらく、世界で一番背の高い電波塔、東京スカイツリー完成の関係もあるといえるだろう。
アジア諸国からは、羽田のハブ化に伴って便が良いという事で、プラス、ヨーロッパの方や欧米諸国からは、着物や和装小物に魅せられてやってくるツアー客が多いのかもしれない。
ともあれ、この先もたくさんの外国人観光客が来るということを想像させられた。
この国の素晴らしさを見つけぜひ楽しんで心に残る思い出にしてほしい。
私はというと、仲見世通りを思いっきり観光することができた。
お土産に名物の人形焼と、雷おこしをたくさん買って、着物や帯も観賞させてもらった。
宝蔵門を抜けると、威厳のある本堂が見えてきた。
この屋根の瓦はさびにくい性質を持つチタンを使用して、改修工事を行ったそう。
秘仏の観音様にお礼と旅の無事をかねて手を合わせた
今の努力が、この先どこかで表れますように。

そよ風の吹く月曜の午前は外へ

よく一緒にいる知佳子は賢いやつ。
頭が良いんだろうなーと思わされる。
あまり人を傷つけたりはしない。
あれ?と感じても、少しでもその人の気持ちも酌む。
このことから、どんどん視野が膨らむし、強くなれるのだ。
意見を譲らない事より、この方がちかこにとって楽なのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむやり方、悪いことが起きても自分のものにするやり方をとても理解している。

騒がしく跳ねるあいつと枯れた森
個人の70パーセントが水分だという調査もあるので、水分は一つの体の基盤です。
水の摂取を怠ることなく、みなさん活発で楽しい夏を満喫したいものです。
輝く太陽の中から蝉の声が耳に届くこの頃、普段外出しないという方も外出したいと思うかもしれません。
すると、女の人だったら日焼け対策に関して敏感な方が多いのではないでしょうか。
夏の肌のお手入れは夏が過ぎた時に出るという位なので、やっぱり気になってしまう部分ですね。
もう一つ、誰もが気を使っているのが水分補給に関してです。
もちろん、普段から水分のとりすぎは、良いとは言えないものの暑い時期は例外かもしれません。
どうしてかというと、たくさん汗をかいて、知らず知らずの間に体から水分が出ていくからです。
外出した時の自身の具合も影響してきます。
ひょっとすると、自分で気付かない間にわずかな脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
夏の盛りの水分摂取は、次の瞬間の体に出るといっても言い過ぎにはならないかもしれないです。
ちょっとだけ外へ出るときにも、小さなものでかまわないので、水筒があると非常に便利です。
個人の70パーセントが水分だという調査もあるので、水分は一つの体の基盤です。
水の摂取を怠ることなく、みなさん活発で楽しい夏を満喫したいものです。

Copyright (C) 2015 空腹の美容師は意味もなく叫んでいた All Rights Reserved.